建設業許可とは?

栃木県宇都宮市で建設業許可を取り扱っているカミーユ行政書士事務所です。

今回は「建設業許可」をテーマに解説していきます

○建設業を営むには許可が必要です。

建設業を営むには、許可が必要ですが、以下の工事のみを請け負う場合は、建設業の許可を受けなくても営業できます。

1 建築一式工事であって、工事1件の請負代金の額が1,500万円に満たない工事。(消費税相当額を含む)
2 建築一式工事であって、延べ面積が150㎡に満たない木造住宅工事
3 建築一式工事以外の工事にあっては500万円に満たない工事(消費税相当額を含む)

※請負代金額については、注文者が材料を提供する場合においては、その市場価格及び運送賃をその請負代金の額に加えたものとなります。

「建設業」とは、元請・下請、法人・個人を問わず、建設工事の完成を請け負う者のことを指します。

そして、建設業を営もうとする者は、軽微な建設工事のみを請け負う場合を除いて、必ず建設業の許可を受けなくてはいけません。

建設業は29業種に分類されており、業種ごとに許可を受ける必要があります。許可を受けるためには、様々な要件を満たす必要があります。

お問い合わせ
どんな些細なことでも結構です。聞いてみたいことなどがございましたらお気軽にお問合せ下さい。初回ご相談は無料で承っております。

建設業許可申請の流れはこちら

建設業許可申請
栃木県建設業許可申請/宇都宮市建設業許可申請をお考えの事業者の皆様。建設業許可取得に強いカミーユ行政書士事務所です。 栃木県建設業許可取得でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 迅速かつ丁寧にお客様を全力でサポートさせていただきます。

Call Now Buttonお電話はこちら