附帯工事って何?

栃木県宇都宮市で建設業許可申請を取り扱っているカミーユ行政書士事務所です。

今回のテーマは「附帯工事って何?」についてです。

お客様
お客様

「附帯工事」は建設業許可がなくても請け負えると聞きました。

保有している建設業許可が少ない場合には使い勝手がいいのではないかと思うのですがどうなのでしょうか?

よくあるこのような質問に対して解説をしてみましょう。

建設業許可がなくても請け負える工事とは?

建設業法において、建設業許可がなくても請け負うことができる工事が2種類あります。

一つは軽微な建設工事、もう一つは附帯工事です。

建設業者は、許可を受けた建設業に係る建設工事に附帯する他の建設業に係る建設工事(附帯工事)を請け負うことができるとされています。

附帯工事とは、次のいずれかに該当する工事であって、それ自体が独立の使用目的に供されるものではないものをいいます。

①主たる建設工事を施工するために必要な他の従たる建設工事

②主たる建設工事の施工により必要を生じた他の従たる工事

附帯工事は金額に関係なく、500万円以上であっても無許可で請け負うことができますが、許可を受けた建設業に係る建設工事(主たる建設工事)と主従の関係に当たるため、原則として附帯工事の金額が主たる建設工事の金額を上回ることはありません。

建設業法 第四条(附帯工事)

建設業者は、許可を受けた建設業に係る建設工事を請け負う場合においては、当該建設工事に附帯する他の建設業に係る建設工事を請け負うことができる。

附帯工事の判断の方法

国土交通省の建設業許可事務ガイドラインでは、「附帯工事の具体的判断に当たっては建設工事の注文者の利便、建設工事の請負契約の慣行などを基準とし、当該建設工事の準備、実施、仕上げなどに当たり一連又は一体の工事として施工することが必要または相当と認められるか否かを総合的に検討する」と記載されていますが、これではどう判断していいか余計に悩ましくなってしまいます。

附帯工事は簡単に言いますと、建設業許可を受けて行う主たる建設工事を施工するために。どうしてもくっついてきてしまう切り離せない工事のことですので、そのような観点でご判断いただくのが良いのではないかと思います。

附帯工事の事例

附帯工事の事例をいくつか挙げてみます。

事例によって付帯工事の判断についてイメージをつかんでみましょう。

作業の内容主たる工事
(許可業種)
附帯工事
①室内の電気配線の修繕工事
をするために行う壁剥がし・壁貼り工事
電気工事内装仕上工事
②建物の外壁塗装工事をするために
行う足場工事
塗装工事とび・土工・コンクリート工事
③ビルのエレベーター設置工事をするた
めに行う電気配線工事
機械器具設置工事電気工事
④駐車場の舗装工事をするために行う
造成工事
舗装工事とび・土工・コンクリート工事

これらの附帯工事はすべて主たる工事を施工するために「どうしてもくっついてきてしまう切り離せない工事」です。

附帯工事だけで意味をなさず、主たる工事と附帯工事が一体となって初めて意味を成すものです。

附帯工事はあくまでも主たる工事を施工するための措置であると捉えて、なんでもかんでも附帯工事として請け負うのはやめましょう。

お聞きしたいことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

建設業許可申請の流れはこちら

建設業許可申請
栃木県建設業許可申請/宇都宮市建設業許可申請をお考えの事業者の皆様。建設業許可取得に強いカミーユ行政書士事務所です。 栃木県建設業許可取得でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 迅速かつ丁寧にお客様を全力でサポートさせていただきます。

Call Now Buttonお電話はこちら