看板設置工事は、とび・土工・コンクリート工事と鋼構造物工事のどちらなのか?

栃木県宇都宮市で建設業許可を取り扱っているカミーユ行政書士事務所です。

今回は「看板設置工事の扱い」をテーマに解説していきます

とび・土工・コンクリート工事とは?

とび・土工・コンクリート工事は建築系の工事と土木系の工事いずれもあり、とても守備範囲の広い業種で、判断に悩むことが多々あります。

国土交通省の「業種区分、建設工事の内容、例示、区分の考え方」によるととび・土工・コンクリート工事の内容は次の通りです。

イ:足場の組み立て、機械器具、建設資材などの重量物のクレーンなどによる運搬配置、鉄骨などの組み立てを行う工事

ロ:くい打ち、くい抜き及び場所くい打ちを行う工事

ハ:土砂などの掘削、盛り上げ、締固めなどを行う工事

ニ:コンクリートにより工作物を築造する工事

ホ:その他基礎的ないしは準備的工事

ホ:その他基礎的ないしは準備的工事の例示として挙げられているものとしては地滑り防止工事、地盤改良工事、ボーリンググラウト工事、土留め工事、仮締切り工事、吹付け工事、法面保護工事、道路付属物設置工事、屋外広告物設置工事、捨石工事、外構工事、はつり工事、切断穿孔工事、アンカー工事、あと施工アンカー工事、潜水工事があります。

看板設置工事はこの中の「屋外広告物設置工事」に該当します。

鋼構造物工事とは?

国土交通省の「業種区分、建設工事の内容、例示、区分の考え方」によると、鋼構造物工事とは次の通りです。

形鋼、鋼板などの鋼材の加工又は組み立てにより工作物を築造する工事

例示として挙げられているものとして鉄骨工事、橋梁工事、鉄塔工事、石油・ガスなどの貯蔵用タンク設置工事、屋外広告工事、關門、水門などの門扉設置工事があります。

この中に屋外広告工事とあり、こちらも看板設置工事が該当します。

看板設置工事の業種判断の方法

とび・土工・コンクリート工事の例示に「屋外広告物設置工事」、鋼構造物工事の例示に「屋外広告工事」が挙がっています。

看板設置工事は、どちらの工事にも該当し、どちらの許可でも工事が行えるのかという疑問が生じます。

しかし、それぞれ全く別物の工事です。

鋼構造物工事の「屋外広告工事」とは、看板を設置する現場で屋外広告物を製作、加工し、その後設置まで行うというものです。

このように屋外広告物の設置を一貫して請け負うのが鋼構造物工事です。

一方、とび・土工・コンクリート工事の「屋外広告物設置工事」は、鋼構造物工事の「屋外広告工事」に該当するもの以外の工事が該当します。

例えば、完成している屋外広告工事を設置するだけの工事は、とび・土工・コンクリート工事となります。

建設業許可申請の流れはこちら

建設業許可申請
栃木県建設業許可申請/宇都宮市建設業許可申請をお考えの事業者の皆様。建設業許可取得に強いカミーユ行政書士事務所です。 栃木県建設業許可取得でお困りの際はお気軽にお問い合わせください。 迅速かつ丁寧にお客様を全力でサポートさせていただきます。

Call Now Buttonお電話はこちら