IT導入補助金を活用しインボイス制度導入を乗り切ろう

栃木県宇都宮市でIT導入補助金などの補助金申請を取り扱っているカミーユ行政書士事務所です。

今回のテーマは「IT導入補助金を活用しインボイス制度導入を乗り切ろう」について解説をしていきます。

いよいよインボイス制度の導入が2023年から開始になります。

その必要な機器の購入のためにIT導入補助金を活用を検討されてはいかがでしょうか?

IT導入補助金とは?

IT導入補助金とは、正式名称「サービス等生産性向上IT導入支援事業」といい、中小企業・小規模事業者が生産性の向上を目的としてITツールを導入する際、その経費の一部を国が補助するものです。

IT導入補助金を活用することで中小企業者は、積極的にITツールの導入し、業務効率化・売上アップといった経営力の向上・強化を図ることができます。

概要に関しては昨年のものを解説をした動画がありますのでよろしければご覧ください。

<IT導入補助金2021>概要説明動画

参考:経済産業省ホームページ

IT導入補助金2022年の変更点は?

昨年のIT導入補助金では新型コロナウイルス感染症の対策に重点がおかれていましたが、2022年のIT補助金においてはインボイス制度の導入を見据えた企業間取引のデジタル化を強力に推進していく方針が掲げられています。

主な変更点は以下のとおりです。

会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフトに補助対象を特化し、補助率を引上げ

補助額が50万円以下の場合、補助率を1/2から3/4に引き上げ

補助額が50万円超~350万円の場合、補助率を1/2から2/3に引き上げ

クラウド利用料を2年分まとめて補助

ITツールがクラウド化していることを踏まえ、最大2年分のクラウド利用料を補助。

PC・タブレット、レジ・券売機等の購入を補助対象に追加

PC・タブレットについては、補助上限額10万円、補助率1/2で支援。

レジ・券売機等については、補助上限額20万円、補助率1/2で支援。

上記については「デジタル化基盤導入類型」と括られ、中小企業・小規模事業者に、インボイス制度も見据えたデジタル化を一挙に推進していくため、会計ソフト・受発注ソフト・決済ソフト・ECソフトの導入費用に加え、PC・タブレット、レジ・券売機等の導入費用も支援する方針となっています。

複数社連携IT導入類型の創設

複数社連携IT導入類型とは、複数の中小企業・小規模事業者が連携をしてITツール及びハードウェアを導入することで地域DXの実現や生産性の向上を図るための支援をするものです。

複数社へのITツールの導入を支援するとともに、効果的に連携するためのコーディネート費や取組への助言を行う外部専門家に係る謝金等を含めて支援するとしています。

補助対象経費は?

①基盤導入経費

●ITツール:会計ソフト、受発注ソフト、決済ソフト、ECソフト

●ハードウェア:PC・タブレット、レジ・券売機等

②消費動向等分析経費

●ITツール:消費動向分析システム、経営分析システム、需要予測システム、電子地域通貨システム、キャッシュレスシステム、生体認証決済システム 等

●ハードウェア:AIカメラ、ビーコン、デジタルサイネージ 等

③参画事業者のとりまとめに係る事務費・専門家費

補助率・補助上限額

【補助率】

①基盤導入経費:デジタル化基盤導入類型と同様(1/2~3/4)

②消費動向等分析経費:2/3

③参画事業者のとりまとめに係る事務費・専門家費:2/3

【補助上限額】

①基盤導入経費+②消費動向等分析経費=3000万円

③参画事業者のとりまとめに係る事務費・専門家費=(①基盤導入経費+②消費動向等分析経費)×10%

IT導入補助金活用事例は?

下記はほんの一例ですが、こんな活用方法があります。

①RPAの導入を機に業務プロセスを見直し、定型業務を自動化。月約25時間の残業時間を削減!

②RPAを導入し、まずは売上管理業務を自動化。月約5時間の業務時間を削減!

③訪問介護システムを導入し、ヘルパーの勤怠管理と請求業務効率化のためにシステムを導入。事務作業が削減され、介護サービスの質も向上!

④宿泊予約サイトを一元管理するため宿泊予約サイト一元管理システムを導入。情報更新作業にかかる時間が削減され、顧客対応への注力が可能に!

⑤会計システムと給与計算システムを導入。タイムリーな業績把握がタイムリーな経営判断を可能に!

⑥クラウド型電子カルテシステムを導入。スタッフ間の情報共有がスムーズになり、診察効率が向上!

⑦電子カルテ対応レセプトコンピューターを導入。業務の精度が向上し、1日の来院患者数・収益アップ!

⑧建築3次元CADの活用で提案力・訴求力が向上!受注までのスピードが上がり、売上・粗利が改善!

⑨原価管理ツールを導入し、原価や予算実績管理等の業務を見える化。経営管理に必要な情報の集計作業時間が大幅に削減!

⑩日英中翻訳ロボット型接客ツールを導入。接客の一部をロボットが担うことで、従業員の業務効率が向上!

⑪販売管理システムを導入し、日々変動する仕入れ価格、需要をITツールを活用し集計・分析。『長年の勘』からの脱却を図る!

⑫クラウド顧客管理システムを導入し、クラウド環境で顧客情報の管理が簡素化・連動化され、勤務時間が短縮。情報共有も円滑に!

いかがでしたか?

IT導入補助金はインボイス制度導入を踏まえて活用すべきマストの補助金ではないでしょうか?

お聞きになりたいことがございましたらお気軽にお問い合わせください。

補助金の記事はこちら

栃木県補助金/宇都宮市の補助金申請はプロにお任せ下さい
栃木県補助金申請/宇都宮市で補助金申請に強い行政書士事務所です。 ZOOMなどのリモートで全国対応をさせて頂いております。 補助金申請でお困りの際は実績豊富なカミーユ行政書士事務所にお問い合わせください。 迅速かつ丁寧にお客様を全力でサポートさせていただきます。

Call Now Buttonお電話はこちら