電子定款認証制度で4万円が不要に

栃木県宇都宮市で会社設立業務を取り扱っているカミーユ行政書士事務所です。

今回は「電子定款認証制度」をテーマに解説していきます。

会社を設立する際に必要となる定款作成に関する制度として「電子定款認証制度」があります。

一般の方が自身で紙の定款を作成し、定款認証を行うより行政書士等の会社設立代行権者に依頼する方が安く済むという事実があります。

従来の紙による定款認証では、収入印紙として印紙代4万円が必要でしたが、電子定款認証ではオンラインで認証を行うのでこの収入印紙4万円が不要になります。

仮に個人で電子認証をしようと考えると電子認証を行うためのカードリーダー等の機材や電子署名を行うための定款のpdf化に必要なソフトが必要になってきます。これらの機材などを揃えようとすると軽く4万円を超えてしまいます。

知識や経験のない方が電子認証手続きを行うことは機材などの経費の面に加えて煩雑な業務を行わないといけないので会社経営の面で最も重要な要素である費用対効果」の点からも得策とはいえないでしょう。

通常、自分で会社設立事務の作業を完了するには50-100時間かかると言われています。そのお時間があればもっと経営に必要な業務に充てることができるでしょう。さらに慣れない手続きから生じるストレスを感じる可能性もあります。

電子定款認証の環境を整えている行政書士に会社設立事務の仕事を依頼し、活用すれば迅速かつ確実に電子定款認証が行われることになってきます。

会社設立の流れはこちらをご覧ください。

会社設立
栃木県宇都宮市の会社設立に強い行政書士事務所です。 様々なご希望に合わせた株式会社設立、合同会社などの法人設立をサポートしております。 スピーディーで丁寧な会社設立のお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談ください。

Call Now Buttonお電話はこちら